お金を取り巻く環境とお金が必要な意味について考える

あなたは日々、お仕事などから給料としてお金をもらって生活していますよね。

ここで質問ですが、

あなたはなぜお金が必要なのでしょうか?

また、

お金に対してどのような価値感を持っていますでしょうか?

お金を取り巻く環境が様々あり、お金があることによってできることもあり、お金がないことによってやりたかったことができないと言ったことがあります。

そんな中でなぜお金が必要になっているのかということや、お金についての概念について今一度考えてみましょう。

今一度考えたい、お金とは?

お金を払うことによって様々なサービスや物と交換することができます。

資本的な価値は絶大にあり、ある程度のお金があって、お金で購入できるものであれば大体のものはお金で済むことになります。

しかし、硬貨、紙幣を物理的な目線で見ると、その価値はほとんどありません。

紙幣は紙切れ同然ですし、硬貨はただの銅やアルミニウムです。

資本的な価値が付与されていることと、そのお金が様々なサービスや物と交換できることによって非常に高い価値を生み出しているのです。

すなわち、資本的な価値によって、お金は誰しもが必要としているのです。

お金がないといけない理由

先ほども申し上げました通り、お金には資本的な価値があり、ほとんどのサービスや物の提供とお金は交換条件にあります。

ですからお金がないとサービスを利用することはできませんし、物と交換することができません。

最近では自分の労力などを利用してサービスやものと交換することができることもありますが、稀なケースであり、基本的にはどこのお店に行ってもお金を支払って対価を得る形が主流ですから、お金がないとどうすることもできないのです。

お金が人を動かしてしまう

現在の日本では、ある程度お金を持っていると大体のことが可能になってしまいます。

少しでもお金を有している人の方が裕福な生活や、何かと困らない生活をおこなうことができます。

しかし、様々な形でお金を取り巻く格差が生まれ、お金を取り巻く事件やトラブルがたくさん起こっています。

最悪の場合、お金をめぐって殺人事件などが起きてしまう可能性もありますし、仲良かった友人や同僚がお金のトラブル1つで修復不可能な関係になってしまうこともあります。

金額の大小は問わず、お金のやり取りやトラブルがあることで人間関係も社会的な地位や実力なども下げてしまうのです。

お金と上手に付き合う方法

お金を持っている人で、人間性が高ければ高いほどお金の使い方がしっかりとしていますし、お金の価値が分かっています。

自分が必要とするサービスやものに対しての価値も分かっていますから、

  • 自分が最低限どのようなことをしたいのか
  • 最低限のことをするためにはどのくらいのお金を支払えば良いのか

など、上手にお金と付き合うことができているといえるでしょう。

ですから、仮にお金がたくさんあったとしても無闇やたらには使わずに、自分がしたいことや行わなければならないことに対して、最低限のお金を支払うようにしておきましょう。

また、ある程度のお金を使用して行いたいことや行わなければならないことがあると言う場合は、貯蓄を行うことが望ましいと言えます。

お金を持つことに対するメリットの例

お金を持っておくことで、ある程度の物事は何でもできるようになります。

好きなものを食べたいという際には、お金を支払えば好きなものが食べられますし、好きなものが欲しい場合にはこちらもお金があるとある程度のものは購入することができます。

またお金は人間のステータスでもありますので、お金を有しておくことで周りからの評価が良いことが多いのです。

お金を持つことに対するデメリットの例

あまりに高額なお金を持っていると、周りから目をつけられやすくなります。

また、お金を持っていることを知った周りの方がお金を持ってる人に対して妬みを持ち、あなたのことに対しての悪口や暴言を吐いてきたり、あなたの持っているお金をめぐってトラブルになってしまうこともあります。

あからさまに自分がお金を持っていると言うことを伝えなければ良いと思いますが、お金を持っているがゆえに周りからお金に対してのトラブルをふっかけてきたり、またトラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますので注意をしなければなりません。

お金は程よく持っておき、程よく使おう

何度も申し上げていますが、単純にお金がたくさんあるからといって裕福なわけではなく、またお金がたくさんあることで自分のやりたいことや叶えたいことが叶えられるとは一概には言えません。

お金を多く持っている人やお金の価値を知っている人ほど自分のお金に対しての考え方がしっかりとしていますから、もし万が一お金を多く有しておきたいと言う方はそのような人から学び、しっかりとしたお金の価値を学ぶようにしましょう。

また自分が欲しいサービスや物の価値に対して、その対価を払えるような人間になりましょう。